グアムへの観光旅行について

画像参照:David Leaño

グアムは太平洋のマリアナ諸島の人口16万人程度のアメリカ領土の島である。
平均気温は年中を通して26、7度で温暖な気温であり、日本から3時間半ほどで着くことができるリゾート地であるため、観光旅行先として世界中から多くの人が訪れる、とても人気の高い場所である。

グアム旅行際には、訪れておきたい有名な観光スポットがいくつかある。
1つ目は、グアムの最北端のビーチであり、中心街から車で30分程度でいける穴場的なスポットであるリティディアン・ビーチである。真っ白な砂と真っ青な空が魅力のビーチですが、塩の流れが速いため遊泳は禁止されている。
2つ目は、恋人たちの永遠の愛が成就する場所という伝説のある恋人岬である。岬から見える景観と天使の教会が有名な定番スポットである。
3つ目は、赤いレンガの屋根に白い壁の建物が並ぶチャモロビレッジというグアムのチャモロ文化に触れることができるスポットであり、毎週水曜日の夜はナイトマーケットで屋台や民芸品の店舗が並びます。
4つ目は、スペイン広場の東に位置する白亜の外壁のカトリック教会であるハガニア大聖堂バシリカである。観光客が多い最大の繁華街であるタモン地区ではなく、タモン地区から車で20分程度のハガニア地区にあります。
5つ目は、懐中で魚が泳ぐ姿をみられるフィッシュアイマリンパークです。約300Mの海上の桟橋を渡り、フィッシュアイ海中展望塔に到着します。海上ではピティ湾の景色を眺めることができ、螺旋階段で海中パノラマを楽しめる場所に行けます。
6つ目は、最大の繁華街であるタモン地区です。タモン地区は、リゾートホテルやレストラン、ショッピングセンター等が集まる観光の中心です。ここには、プレジャーアイランドという総合アミューズメントプレイスがあり、DFSギャラリアという免税ショップや、イリュージョンをみることができるサンドキャッスル等があり、ダンスホール兼バーのグローブ等の夜11時過ぎでも開いている店舗があるため、夜も賑わいを見せています。
7つ目は、様々な熱帯魚をみることができるためシュノーケリングを楽しむことができる海岸であるイパオビーチパークです。なお、観光地であるが、設備が特別整っているわけではないため、日本でいう海の家の様な施設はありません。かわりに、現地の人は、バーベキューを楽しんだりする人が多く、ビーチならではの楽しみ方を堪能しており、にぎわいが絶えない楽しい雰囲気です。